ホーム > 会社案内 > 紹介紹介

    常州千紅生化製薬株式有限公司は中国で経済、文化、科学技術が最も発達している長江三角州地区にあり、上海-寧波高速道路中段の常州国家ハイテク開発区に位置している。公司敷地面積は73,000平米余り、現代化の生産工場区2万平米余り及び各種の先進な製薬設備と器具を有する。工場区内は環境が優美であり、緑化面積は工場総面積の50%以上を占めている。

    公司の前身は20世紀70年代に成立した常州生物化学工場であり、2011年2月18日に深セン証券取引所中小版に掲示して上場した。傘下には四社の持株子公司があり、それは常州生物製薬プロジェクト技術センター有限公司、常州千紅通用細胞プロジェクト研究所有限公司、湖北潤紅生物科技有限公司、江蘇衆紅生物プロジェクト創薬研究院有限公司である。

    公司は主に生物化学薬品の研発、生産と販売に従事し、多糖類と酵素類の生物化学薬品を主とする。公司の業務範囲は凍結乾燥パウダー(抗腫瘍薬を含む) 、小容量注射剤(非最終滅菌) 、錠剤、硬質カプセル、顆粒剤、原料薬などをカバーし、代表製品はヘパリンナトリウム及び低分子ヘパリンナトリウム、膵臓性キニノゲナーゼ、パンクレアチン、弾性酵素、複方消化酵素、アスパラギナーゼ等をカバーしている。現在合計で39個の薬品生産批准書類番号を有している;

    何年も前から、公司は自主研発と生産、教育、科研提携を結合する持続発展モードを堅持し、主要大学と比較的に良い提携関係を確立し、そして海外から生物製薬分野でのハイテク適用型人材を取り入れ、江蘇衆紅生物プロジェクト創薬研究院有限公司を創立し、公司の新薬研発と長期的革新発展に有力な技術保障を提供した。2011年8月に、公司は政府と常州国家ハイテク産業開発区生命健康産業パークに入ることについて契約を締結し、公司はパーク内で米国FDAと欧洲GMP標準に合う製剤工場を作り、そして常州千紅国際生物医薬革新薬物孵化基地の準備に取り組んだ。

    公司は自主革新した生物化学薬物産業化技術プラットフォームを依託に、現代の分子膜限外瀘過、蛋白質親和クロマトグラフィー、分子キレート、ウイルス不活性化などの技術集成を大規模産業化の生産に応用し、主要製品の生産技術と品質レベルは既に国際で同期、国内で先立つレベルに達している。公司が生産した全ての製品は全部我が国の薬品GMP品質認証にパスし、その中で輸出するヘパリンナトリウム、低分子ヘパリンナトリウム、アスパラギナーゼ原料薬、膵臓性キニノゲナーゼなどは関連国の品質認証、例えば米国FDA、欧洲共同体COS、オーストライアTGA、日本、ドイツ、韓国及びブラジルなどの関連品質認証にもパスした。

    公司は積極的に探索して産業チェーンの延長整合に取り組み、上流は合資持株などの形式によって原料資源を整合し、下流は欧米標準に合う製剤工場を作ることにより、製品の附加価値を高め、製剤の国際合作と輸出の形成に力を入れ、公司の産業チェーンを豊富と完全し、産業内での競争実力を高める。公司は国際で先立つレベルの遺伝子薬物の研発に力を入れ、天然薬物から遺伝子工学薬物へのきれいな転化を実現しようとする。

    将来に目を向け、公司は「心をもって製薬し、全人類を幸せにしてあげる」との崇高な使命を持ち継ぎ、「更に安全的、更に有効的、更に経済的」の経営理念を守り、全世界の製薬同業と提携し、人類の健康事業に自分の力を出し、「国内外で競争力を有する大型生物医薬企業になる」との美しい夢を実現するために絶えず努力したい。

研究プラットフ
ォーム

常州ベニー生化学製薬株式会社(証券コード:002550)は常州国家ハイテク開発区に位置しており、同社は、糖類や酵素のバイオ医薬品の専門家のハイテク企業にコミット...
企業文化

信条のベニーの人々
スピリット - 大胆かつ押し目的 - 基本として、品質信念は - 効率的かつ高

ベニーの人々の目標
独立した技術革新、リサイクル経済の発展と緑色植物の構築に付
市場の発動機

常州ベニー生化学製薬株式会社(証券コード:002550)は常州国家ハイテク開発区に位置しており、同社は、糖類や酵素のバイオ医薬品の専門家のハイテク企業にコミット...
生産や品质管理です

あなたがパートナーとして 参加する用意がある場合は、常州へようこそベニー生化学製薬株式会社は、調達プラットフォームを提供する私たちに必要な部品表を示し、資格要件を...
2014 常州ベニー生化学製薬株式会社 すべての権利を保有 常のネットワークの中心的なインターネットサイトの構築